mini

About Atoll electronique

歴史

image

Atollは1997年にStéphane & Emmanuel DUBREUIL兄弟の手によって設立されました。

当時のオーディオシーンにおいてオーディオファンが求めていた手頃で本格的な製品が少かったことが明らかでした。

そこで1998年の夏のAM100パワーアンプを皮切りに、様々な製品を開発。そしてそのすべてがメディア・オーディオファンの間で高評価を得てロングセラー商品となりました。

2007年からはCD、プリメイン、パワーアンプ等をモデルチェンジしたSEバージョンをリリース。同時期にエントリークラスとして30シリーズを完成させます。これらも同様に息の長い人気モデルとなりました。

その後、2011年には最上級モデルとして400シリーズをリリース。よりコアなオーディオファンからの高評価も獲得しました。


――そしていまでは世界中30ヵ国以上のファンから支持されています。

哲学

image

Atollは最高水準の品質と完璧主義を備えた、フランスで手作りされたハイエンドオーディオエレクトロニクスブランドです。

私たちの目標は、多くのユーザーに真の「ハイエンド」オーディオをリーズナブルな価格でお届けし、存在感、深み、ダイナミックなサウンドを備えた超リアルなハイファイサウンドを楽しんでいただくことです。

この目標を達成するために、ATOLLはいくつかの重要な選択を行いました。 たとえば、設計段階から、測定とリスニングを同時に行ういながら各製品をの品質を検査するということ。

そしてもう一つの重要な選択に、音質をまったく変更しない、ということがあります。

ATOLL製のアンプには「BASS」または「TREBLE」がありません。 それはサウンドの品質を低下させる可能性があるからです。

これらの調整は人工的な色付けとノイズが寄生する温床となりうるもので、時として音の明瞭さと透明性を犠牲にして、システム全体のダイナミクスを妨げます。

つまりそれらで音を修正することは、ある欠陥を別の欠陥で修正することになり、忠実度の高いシステムの整合性を損なう有害性になりうるのです。

品質

image

設計の品質

ディスクリートコンポーネントを備えた完全対称ステージ、整流後のダブルモノ構成、低フィードバックレート、配線長の最小化、星型構造の質量、内部保護など細部まで緻密な設計を施しています。

電子部品の品質

高容量で低インライン抵抗を備えた上位クラスのスナップインコンデンサ、高品質のALPS製ポテンショメータ(バリコン)、 金属層抵抗、MOS-FETトランジスタなどの選定も慎重に行っております。

製造ラインの品質

すべての製造プロセスはフランスのBréceyサイトで行われ、組み立て、検証、制御、測定および出荷前のリスニングまで段階のテストが一貫して行​​われます。

サプライヤーの品質

また使用するほとんどすべての主要コンポーネントはフランスまたはEUにあるサプライヤーから調達されます。
シャーシは「ブリタニー」、アルミニウムの前面プレートは「ロレーヌ」でレーザーカットされ、回路のマザーボードは「バスク」、電源は「ローヌ」、パッケージは「ノルマンディー」。
これらはすべてATOLLの手の届くところにあり、最高水準の品質と信頼性、そして即座に需要に適応する能力をお客様に提供します。